社会と保育と子育てと

ちょっとタイトルは固いですが、
「社会」「保育」「子育て」をテーマに今週土曜日に開催される「保育マークPRイベント」でパネラーとしてパネルディスカッションに出演します。

新潟初開催!なんと新潟市の秋葉区から始まります。

私は保育士として15年働き続けています。
臨時職員、正社員、パート。
一人担任、複数担任、フリー。
いくつかの園、様々な立場で働いてきました。
今は子育て支援センターで働きながら職場の理解を得てTAMiの活動をさせてもらっています。

これまでの経験の中で色々な思いを持ちました。
長く続けてきたことで、独身の時にわからなかったお母さんの気持ちが、自分が親になってわかるようになったことが保育士としての大きな変化でした。
子育ての大変さは想像以上でした。

母であることの孤独。
子どもを思えば思うほど、不安になったり、ちゃんと子育てできてる?
間違ってたらどうしよう?
泣き止まない小さな息子と一緒に泣いたことも数知れません。

社会が核家族化していく中で、誰かの助けを気軽にお願いできるような優しい世の中になったらいいなと思います。
そして、それを応援したい人が、手を差し伸べるのが自然な世の中になったら、救われるお母さんがたくさんいるんじゃないかと思います。
優しい一言をかけてもらえるだけでも涙が出るほど嬉しいこともあるんです。

「保育マーク」をきっかけにそんな思いが広がっていくことを願います。



























TAMi

新潟発!歌のおねえさん 保育士シンガーソングライター

0コメント

  • 1000 / 1000